消費者行動の新常識 AISCEAS(アイセアス/アイシーズ)

皆さんこんにちは。XROSSOVERの代表の森です!

今回は最近のデジタルシフトの中でマーケティングでよく耳にする消費者購買行動を表すフレームワークAISCEAS(アイセアス/アイシーズ)について今日は簡単に解説します。

マーケティング担当者

AISCEASってなんだっけ?
AIDMAは、聞いたことがあるけど、どう違うの?

近年では、AIDMAの法則以外にもAISAS・AISCEAS・AIDCASなど、時代にあわせて様々なフレームワークが登場しています。

もしくは、初めて聞いた。ただ耳慣れないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、AISCEAS(アイセアス)について解説します。

AISCEAS(アイセアス/アイシーズ)の法則とは?

単純に消費者の購買行動を示したものです。

AIDMAの法則は、消費者の購買行動の流れ(消費者の購買決定プロセスモデル)を示したものです。マーケティング施策を考えるときのフレームワークとして使われている法則で、マーケティングの解説本には必ずといっていいほど登場してきました。

AIDMAの法則によると、消費者が物を購入するときには「注意→興味→欲求→記憶→購入」の流れを無意識に行っているとされています。これらの状態の頭文字を1つずつとって「AIDMA」と名付けられているのです。

それでは、近年新しく出てきたフレームワークAISCEAS(アイセアス)の法則について解説します。

Attention:注意・注目

広告やメディアに注意をひかれる

Interest:興味関心

接触したものに興味を持つ

Search:検索・情報収集

検索エンジンで情報収集

Comparison:比較(★)

ネット上で様々な商品を比較

Examination:検討(★)

実際に店舗に足を運んだり、ECサイトなどで購入を検討

Action:購入

購入して具体的なアクションを起こす

Share:共有

感想評価を共有

AISCEAS(アイセアス)は、AISASに2つのステップが追加されたもの。以下の内容の頭文字を取っています。

  • Attention:注意
  • Interest:興味関心
  • Search:検索・情報収集
  • Comparison:比較(★)
  • Examination:検討(★)
  • Action:購入
  • Share:共有

※(★)AISASと比較して特徴的な部分


みなさんもぜひ消費者心理と購買プロセスを理解して集客&売上げアップにつなげてみましょう!

XROSSOVERヘの資料請求・ご相談もお気軽にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事を書いた人

MoriNorihiro

株式会社XROSSOVER(クロスオーバー) 代表取締役/CEO
企業ブランディングにおけるデジタルマーケティングを支援し、コミュニケーション戦略支援、コンサルティング、デジタルプロモーションを実施するデジタルマーケター。

主な著作
・結果が出る[SNSマーケティング]てっぱん法則(扶桑社、2018年11月23日)
・デジタルでブランドは作れるか SNSを使ったデジタルブランディング(日経広告研究所報 310号 2020年4月1日)